証券口座を比較してみましょう - 証券口座をチャートソフトの良し悪しで比較

証券口座を比較してみましょう

subpage1

株取引には先物、現物、信用などあります。
取引を開始するには、まず証券口座を開かなければなりません。

証券会社には様々ありますが、大きく分けて対面とネットに分かれます。


対面口座は、実店舗のある比較的古くからある大手証券会社がメインで、担当者がつき相談に乗ってもらえます。

証券口座の比較についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

しかし、売買にかかる手数料は比較的高いです。インターネット証券の場合、個別に担当者がつくことはありません。

実店舗が少ない分、人件費がかからないなどの理由で売買手数料が比較的安いです。



証券会社によっては、ネットの画面が充実していることがあります。



さまざまなマーケットの動向をチャートで載せたり、ニュースを出したり、銘柄を検索する機能が充実している口座がいいでしょう。特に、売買時の利益総額や売却損、年間取引の簡単な概要が一目でわかるような会社だと、全体像が掴みやすいので安心して取引することができます。


証券口座を開く際には、一般口座と特定口座があり、特定口座には源泉徴収ありとなしが選べます。確定申告する人もしない人も、新たに口座を開く場合、特定口座源泉徴収有りを選ぶと便利です。

なぜなら、一般口座だと特に利益が出た場合は確定申告する必要がありますが、年間の取引をぜんぶ自分で控えておく必要があるので申告に大変な手間がかかり、特にメリットはありません。
特定口座源泉徴収有りを選べば、証券会社が代わりに税務署に申告してくれます。

源泉徴収有りの場合は確定申告する必要はありませんが、確定申告の時期に届く年間取引報告書を利用して、必要があれば簡単に確定申告することもできます。


NISA口座などもあります。

各証券会社がキャンペーンをしていたり、手数料やネット画面に多少の違いがあるので、証券口座を開く前によく比較検討してみましょう。